賃貸記事

リビンマッチ:ワンルームマンション

ワンルームマンションは初期投資へのハードルも少なく、投資目的で購入するオーナーさんも少なくありません。それだけに賃貸収入と金利との利回りについてはシビアに判断していくことが重要です。また長期的に安定的な収益を得るためには、資産価値を維持するためのこまめなメンテナンスが不可欠です。

投資会社によってはワンルームに特化したサポートを行っている業者も少なくありません。
競合の多いワンルームマンションで勝ち抜くために、リビンマッチよりワンルームマンションの空室対策についてご案内していきます。

 

ワンルームマンションの空室対策としてできること

安定した収入を得たいのであれば、賃貸経営は最適な手段です。そこでどのような物件を取り扱うのか検討する時、ワンルームマンションが選択肢の一つとなります。その際、どのような問題が出てくるのかを考え、空室対策を講じることが必要です。

 

他のマンションと比べて空室対策が難しい?

ワンルームマンションは単身者や子供のいない夫婦が主な入居者となります。
そうなると、荷物も少なく転居しやすいので、入居しても短期間で出て行ってしまう可能性が出てきます。

また、単身赴任の方や、大学生などは時期が来れば出て行ってしまうので、やはり空室になりやすいのです。

もちろん、出て行きやすいということは逆に入居しやすいということもいえますが、賃料の設定や立地などに難があれば、なかなか入居者が来ることがないので、そのまま空室になってしまうことがあります。

ワンルームマンションの違う点とは

ワンルームマンションと他のマンションとの違いは、投資のしやすさです。

間取りの広いファミリータイプや、土地建物をすべて含んだ一棟まるごと賃貸経営をする場合だと、安くてもサラリーマンが気軽に手を出せる価格ではありません。
しかし、ワンルームの場合には1000万円以下の物件もあります。
中古物件となれば、さらに価格は下がるので資金調達で無理をすることもありません。

そういった理由から、賃貸経営の経験がない人でも購入しやすいといえます。

また、ファミリータイプに比べて入居と退去のサイクルが早くなるため、空室が出た時に次の入居者をすぐに埋めやすくなります。
賃貸経営は継続的に賃料があるからこそ利益を得ることができるので、上手に経営をすれば長期的に安定した収入を得ることが可能です。

空室対策としてできること

ワンルームマンションに限ったことではありませんが、賃貸経営においては空室がもっとも懸念すべきリスクです。

空室対策でまずやるべきことは、賃料を適正な水準にすることです。賃料が高ければ、それだけ利益が上がりますが、高すぎてそれで入居者が来ないのでは本末転倒です。賃貸情報で周辺の似たような物件の賃料を調べて、適切な家賃設定をするようにしましょう。

また、所有している周辺環境や過去の入居者の属性を分析し、借主のニーズに合った設備やサービスを取り入れるのも一つの方法です。例えば、学生が多い周辺環境であれば、インターネットの無料接続ができるようにするのも良いでしょう。過去に単身社会人の入居が多く、部屋に洗濯機の設置場所がない場合、共有スペースにコインランドリーを設置する、といった方法もあります。

とはいえ、あまり過剰な設備投資をすると、空室対策どころか費用ばかりが大きくなってしまいますが、借主のニーズを把握するのは対策としても重要なことと言えます。

 

賃貸経営を行う上で、入居者がいないことには収入はゼロとなります。ワンルームマンションは賃貸経営を行う上でも競合の多い分野となります。勝ち抜くためのアイデアについて、
参考になる項目についてぜひご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です