こんにちは、リビンマッチ公認!リビンマッチの歩き方~賃貸管理を学ぶ!~です。
リビンマッチはリビン・テクノロジーズ株式会社が運営する日本最大級の不動産業界全体を網羅する比較ポータルサイトです。

「リビンマッチ・賃貸管理」今回は「賃貸管理ツールのメリットと便利なツール7選を紹介!」です。

エクセルやアクセスを利用して、賃貸管理を行うことは可能です。しかし、エクセルやアクセスなどは知識が必要で、事務員の方が退職した場合など引継ぎ業務が大変になるデメリットがあります。そのようなリスクを回避するためにも賃貸管理ツールは役立つのです。ここでは賃貸管理ツールのメリットと、オススメのツールを紹介します。

賃貸管理ツールを導入するメリットとは

不動産賃貸管理会社では、エクセルやアクセスなどを利用し、賃貸管理をしている会社もあるでしょう。実際にエクセルやアクセスで管理することも充分可能です。しかし、賃貸管理ツールを導入すると業務効率を上げることができ、さまざまなメリットがあります。ここでは、賃貸管理ツールを導入することによって得られるメリットを細かくみていきましょう。

メリット1:業務を習得するまでの教育時間を省くことができる

賃貸管理業務で利用しているエクセルファイルなどは、マクロなどが細かく組み込まれていて、その会社でしかわからないものになっています。大抵の賃貸管理会社のエクセルは「一度聞いただけでは、すぐに覚えることができない…」というような仕組みになっています。なので、新しく入社をしてきた事務員が一連の流れを覚えるまでは、結構な時間がかかってしまうのです。

「操作方法やルールを覚えてもらうだけではないのか」と思う人もいるでしょう。しかし、事務員で働く人のエクセルスキルはバラバラです。エクセルの式や関数などエクセルは複雑なのです。また、せっかく教えたのに退職されてしまった場合は、また指導をしなければいけません。そのような環境で、だれでも簡単に使いこなせる賃貸管理ツールを導入することで、一定の質の管理を簡単にすることができるようになるのです。指導で利用していた時間を営業活動に回すことができます。

メリット2:セキュリティや保守性に優れている

エクセルやアクセスで賃貸管理をしている場合、データが壊れてしまうことがあるのです。また、人為的にデータを消してしまったり、上書き保存してしまったりすることもあります。このような場合、直せる人はなかなかいません。データが壊れてしまうと賃貸管理業務が停止してしまいます。

このようなときに、賃貸管理ツールを導入していれば、バックアップを復旧したりサポート対応で対応できたりするため、最悪の事態を避けることができます。また、セキュリティ面も強化されている賃貸管理ツールが増えているので、お客様の個人情報を安心して管理することができるのです。

メリット3:業務効率化をはかることができる

賃貸管理ツールのほとんどが、不動産会社から聞いた悩みを解決するために開発されています。だから、新しく人を雇う費用よりも、システムを導入する方が安い場合があります。またエクセルの作業と比較すると作業時間を半分に減らせる場合もあるのです。

賃貸管理が楽になる不動産管理ソフト9選

賃貸管理ツールを導入するメリットは、おわかりになっていただけましたか。ここでは、賃貸管理が楽になる賃貸管理ツールを9個紹介していきます。

賃貸管理ツール①:賃貸名人

賃貸物件管理における管理物件委託・契約・更新・解約などを支援してくれる管理ツールです。データは一元管理されていて、空き物件や入金・送金・請求書作成の機能がついています。75種類に渡る帳簿が使用可能で、金融機関のソフトと連携をすると入金・送金手続きなども簡素化することができるのです。

  • 提供企業:株式会社ダンゴネット
  • 初期費用:1台 198,000円 / 5台 333,000円(月額費用などの料金は要お問い合わせ)

賃貸管理ツール②:マルチュース

マルチュースを利用すると、1つの賃貸物件情報を更新するだけで、他の不動産ポータルサイトの情報もまとめて更新してくれます。サイト毎に何度も何度も賃貸物件情報入力の手間を省くことができるので、業務を大幅に削減することができます。自由にカスタマイズして利便性をあげることができる管理ツールです。

  • 提供企業:武蔵株式会社
  • 初期費用:500,000円
  • 月額費用:30,000円~

賃貸管理ツール③:レンターズ

オーナー様や物件情報、他の不動産会社とのメールやFAX、店舗へ来客したお客様情報などの一元管理にオススメのツールです。1人ひとりの従業員が取引先やお客様と連絡をしているものですが、レンターズを利用することで、物件情報や営業情報を一元化できて共有することができます。

  • 提供企業:株式会社レンターズ
  • 初期費用:お問い合わせください。

賃貸管理ツール④:賃貸革命

入居者斡旋やWeb集客のような広告作成から、契約書作成・賃料回収・送金業務などの賃貸業務を効率化できるさまざまな機能が入った管理ツールです。会計連動機能では、入金や送金のデータを仕分けしてCSVデータで出力することができます。会計ソフトにそのまま取り込むことができるので、経理業務が大幅に削減することができるのです。また、クレームなどの情報も登録することができて、従業員で共有することによって顧客満足を高めることができます。

  • 提供企業:日本情報クリエイト株式会社
  • 初期費用:お問い合わせください。

賃貸管理ツール⑤:EBS

物件検索画面でGoogleストリートビューを見ることができます。だから、賃貸物件の周辺地域を見ることができます。また、物件ファイルや画像管理の効率化などの業務支援に強い管理ツールです。賃貸物件の周辺でトラブルがあった場合や修繕時の対応についての情報を一元化できたり、契約書作成や解約申込書の作成の効率化もできたりと幅広い業務効率ができるツール。

  • 提供企業:株式会社Fシステム
  • 初期費用:198,000円
  • 月額費用:29,800円

賃貸管理ツール⑥:イエセレクト

さまざまなポータルサイトの一括登録など情報管理に強い管理ツールです。終焉検索機能では、物件の座標を自動で取得をして、賃貸物件の近くにある施設や学校などの情報を自動で登録してくれます。徒歩何分などの情報を取得できるので大変便利です。間取り作成機能では、用意されたパーツから間取り図を簡単に作成することができます。

  • 提供企業:株式会社クリエイティブ・ウェブ
  • 初期費用:お問い合わせください

賃貸管理ツール⑦:ミオキューブ

物件調査をシステム化、物件資料のメール案内、自社HPでの検索エンジンなど賃貸不動産の営業支援のさまざまな機能がついています。ミオキューブで新機能が導入された場合は、インターネットを経由して自動的にバージョンアップされるのです。だから、常に最新の機能を利用することができます。

  • 提供企業:株式会社ミオソフト
  • 初期費用:54,000円
  • 月額費用:54,000円

賃貸管理ツールを導入することで業務を大幅に効率化!

エクセルやアクセスで賃貸管理をすることはできますが、それらのソフトの知識は人それぞれです。また、データが壊れたときや人為的に削除してしまったときはデータを復旧することができません。また、近頃はセキュリティ対策が求められていますが、エクセルやアクセスのソフトでは、セキュリティ対策は万全といえないでしょう。

賃貸管理ツールを導入することで業務効率化をはかれることはもちろん、データを安全に保管することができるのです。さまざまなメリットのある賃貸管理ツールの導入を検討してみましょう。

リビンマッチ公認!リビンマッチの歩き方~不動産契約とは?~TOPへ戻る