賃貸記事

Mr.リビンマッチが解説する「不動産所得」

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・賃貸管理」今回は「不動産所得」です。

賃貸管理を考える場合にまず抑えていただきたい不動産所得!
今回もリビンマッチ(旧スマイスター)コラムから不動産所得についての解説を転記したいと思います。

不動産所得というと、一見不労所得が増えるイメージとなり
とってもいい収入UPの方法である気がします。
それは事実ではありますが、気をつけないと逆に収入がマイナスになっていた、、、
もしくはどんどんと収入が目減りしていく、、、なんてことも
そうならないためにも不動産所得について今一度考えてみましょう。

不動産所得とは

不動産に関する重要キーワードを、日本AMサービス堂下代表が分かりやすく解説!

キーワード「不動産所得」とは・・・
不動産所得とは、下記の(1)から(3)までの所得(事業所得又は譲渡所得に該当するものを除きます)と税務上規定されています。

(1) 土地や建物などの不動産の貸付け

(2) 地上権など不動産の上に存する権利の設定及び貸付け

(3) 船舶や航空機の貸付け

不動産所得の一般的な例として土地を駐車場として賃貸したり、住まいの住居を転勤の間に賃貸したり、アパート等の一棟不動産を購入して賃貸住宅として運用したりする事を言います。

 

リビンマッチ(旧スマイスター)編集部の解説

不動産投資や賃貸経営で利益を得ることは、一見すれば不労収入を得られるように見えるためとても魅力的に感じます。

しかし、堂下代表が言うように、きちんとした計算や計画がなければ、損をしてしまうケースも沢山あることも注意しなければなりません。

失敗しない不動産投資・賃貸経営をするためには、信頼できる不動産会社・不動産コンサルタントを見つけることが非常に大きなポイントです。

 

おすすめサイトのご案内

不動産取引に困ったらリビンマッチ(旧スマイスター)お勧めです。

まずはすぐに一括資料請求を

不動産売却から買取、任意売却、土地活用など
不動産取引に関する情報に簡単にアクセスできる便利サイトです。