賃貸記事

リビンマッチ:賃貸管理業者を選ぶ

アパート経営、マンション経営の際に必須となる管理。賃貸管理は業者によって大きく異なります。リビンマッチでは賃貸管理業者についても一括問い合わせが可能です。賃貸経営を行う上で、管理会社は大切なパートナーになります。大きな費用を動かす事業だけに賢く選んでいきたいものです。

今回のコラムでは、リビンマッチのコラム記事の中から、管理会社を選ぶために大切なポイントをお届けしていきます。

リビンマッチコラムから学ぶポイント1

それぞれの特徴を把握する事が大事

 

まず賃貸管理会社も色々な特徴があることを覚えていただく必要があります。より良い賃貸管理会社を選び、賃貸経営を安心して行いたいと思うのであれば、それぞれの特徴をしっかりと把握していきましょう。管理会社の特徴をいくつか紹介します。

まず不動産屋について見ていきますが、不動産屋には大きく分けて2種類あり、入居者を募集して、賃貸契約を結ばせる事を仕事としている仲介会社と呼んでおり、契約をしてからの管理を行っているのが管理会社です。もちろんこの両方を行っている不動産屋も多数あるのですが、小さな不動産屋の場合には、どちらか片方のみしか行っていない場合もあります。更に賃貸管理会社の場合には、大家と管理委託という契約を結ぶ事になるのですが、この委託費用がおもな収入となるのに対して、仲介会社の場合には、仲介手数料が主な収入となります。この2つの特徴をしっかりと理解しておかないと、賃貸管理会社を選ぶ事もできません。

 

リビンマッチコラムから学ぶポイント2

管理会社の探し方

アパート管理で、売上(家賃による収益)を最大に考慮する場合、単純に管理費だけを計算し判断すると、思わぬ不都合が発生します。たとえば、管理会社へ委託する業務を極力減らして、オーナー自身が家賃の滞納応対から、物件の修繕、新規入居者の募集を行うことで、管理費を大きく削減することが可能です。しかし、実際にはそういった手間は賃貸経営を行ううえで予想以上に大きな負担となる場合があります。管理費のみで業者を選んでいたが、結局手間賃を考えると、専門家に依頼することがトータルの経費を抑えることにつながったなどの意見も多く耳にするものです。賃貸経営を行ううえでは、管理費だけでなく、業者に依頼する項目についても包括的に判断していく必要があります。

多くの賃貸経営者は物件購入と同時に業者の選定を進めていることもあります。収益物件の場合には、サブリースや借り上げシステムを前提として購入するケースが少なくないからです。本業に加え、賃貸経営を行う兼業大家として管理を行なう場合、できるだけ自身で行なう業務を削減し、管理を全般的に業者に請け負ってもらう傾向があります。しかし、任せる範囲を広げるほど、経費は高額となります。売上の数字と、それに関わる時間、精神的なコストなどトータルで考慮して、どのような管理会社と付き合うべきか、今一度考察していく必要がある場合もあります。

また業務の中では、入居者のトラブル等にも対応するアフターフォローは手間のかかる業務となりますので、そういった面についても注意深く観察する必要があります。複数の管理会社を比較検討する場合には、賢くリビンマッチの一括問い合わせサービスをご活用ください。

今回はリビンマッチコラムより、管理会社選びのポイントをお届けしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です