賃貸記事

Mr.リビンマッチが解説する「法人登記」

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・賃貸管理」今回は「法人登記」です。

賃貸経営を行なううえで、法人の登記は必要でしょうか。それともそこまでは必要ないのでしょうか。個人で賃貸経営を行なうと考えた場合上記は気になるポイントです。もちろん、賃貸経営単体を考えた場合、法人の登記が必須であるわけではありません。とはいえ、法人化し、管理会社の設立することには有利な点が多くございますので、それらのポイントをわかりやすく解説します。

今回もリビンマッチ(旧スマイスター)のコラムより、気になる記事をピックアップし、まとめた情報をご紹介します。

リビンマッチ(旧スマイスター)コラムから学ぶ

法人化のメリット

まず、自己所有の土地・物件があり、アパート管理を行なっている賃貸経営者の場合、法人登記は節税の対策となります。特に親族間での資産の分配を考えた場合にも、管理会社の設立は有効です。ただし、土地の取得から小規模にスタートされる場合には節税対策は限られます。法人化のメリットがさほどないケースもあります。しかし、そのような場合においても、信頼度の向上させる、リスクへの対処策として登記を考えることは有効です。借り手としても、家主が企業である場合と、個人の「大家さん」である場合を比べると、書面上の名前だけであっても、法人であることの方が、入居の決め手となる場合も少なくないようです。地域にもよりますが、借り手が「大家さん」に対しての甘えがあり、家賃の滞納のように個人間の依存が発生するケースもあります。

法人の登記についてはアパート管理の経営であっても、ほかの業種と変わりありません。自身で定款を用意して登記処理を進めても良いでしょうし、税理士に委託するのも方法の一つです。

今回はリビンマッチ(旧スマイスター)コラムより、法人化のススメについてお送りしました。

とはいえ登記処理は書面上の手続きに過ぎず、そこから先の実際のアパート管理で収益を上げることに注力すべきであることは間違いありません。融資を受けるにしても、自己資金でスタートするにしても、多額の資産を動かして経営を始めることになりますから、登記の後の運営をスムーズに行うには、物件の利回りの計算と、十分なリサーチが肝要です。

賢い賃貸経営には情報収集が必須となりますので、アンテナを張っておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です