賃貸記事

リビンマッチ:リロケーション

転勤や赴任のある会社での勤務の場合、マイホーム購入後に突然の辞令に戸惑うこともあるかと思います。持家をどうするのか、大きな問題となります。転勤先で新たに住宅を借りる場合は、期間中家賃と住宅ローン返済二重の負担がかかることになります。たとえ会社からの補助があったとしても月々の負担は大きなものに違いがありません。そんなときに知っていただきたいのがリロケーションです。

リロケーションとは

リロケーションとは、期間貸しのことであり、持家を調的に留守にするとき、自分が留守の間だけ貸す、と言うことです。2000年から法律が改正されたことで、期間を区切った賃貸が可能となり、日本でもリロケーションが可能となりました。日本でのリロケーションは20年程度の歴史しかありませんが、アメリカではかなり一般的となっている賃貸方法となります。

リロケーションには、留守宅を利用して家賃収入を得られるということだけでなく、多くのメリットがあります。家というものは、長い期間メンテナンスを行わないと、あちこちに傷みが発生してしまうものです。換気等を行なうことは家を維持するためには非常に重要です。また、長期にわたり家を留守にするということは、防犯上のリスクも少なくありません。空き巣等の被害にあう可能性もあるでしょう。リロケーションを活用することは大きなメリットがあるのです。

とはいえ、見ず知らずの人物に自宅を貸し出すのですから、家屋内の設備が破損されたり、汚されたりというリスクがあることを念頭に入れる必要があります。賃貸専用の物件であれば、そうしたリスクが許容できる場合でも、自分の自宅となると心情は大きくことなるものです。

もちろん個人でリロケーション契約を結ぶことも可能ではありますが、出来る限り業者に依頼するほうが確実であるといえそうです。手数料は取られます。しかし個人的に契約するよりは遥かに確実、安全な条件で管理を依頼することができます。管理会社では仲介から始まり、様々な手続きをしてくれます。その相場は請け負う会社によってばらつきがありますから、複数の会社に見積もりを行なうとよいでしょう。

リビンマッチを利用して、見積もりを行なう場合にはリロケーションであることを記載なうえで、得意な業者を選んで比較が可能です。是非必要な場合には活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です